カロナールの子供の使用|使用する量、何錠使用できるか、何時間空けるかなど

解熱鎮痛剤カロナールの子供の使用について、使用する量・錠数や、何時間空けるか、頭痛や熱への使用について確認していきます。

カロナールは子供でもよく使われる薬|頭痛や痛み、熱へ使用

カロナールは子供でもよく使われる薬の一つであり、頭痛や痛み、熱が出た時などに子供でも使用されます。

患者さん向けの薬の説明書である「くすりのしおり」でも「小児科領域の解熱・鎮痛など」に使用される旨が記載されています(カロナール錠200 くすりのしおり)。

カロナールには、200mg錠剤、300mg錠剤、500mg錠剤の他に、特に子供向けと言える粉薬のカロナール細粒20%やカロナール細粒50%、シロップ剤であるカロナールシロップ2%などもあり、子供の使用が想定されている薬剤と言えます。

また、日本小児科学会でも、インフルエンザの時の解熱に対しては、カロナールの成分であるアセトアミノフェンの使用が良いとしており(日本小児科学会)、安全面でも信頼性がある薬の一つです。

カロナールの子供で使用する量・錠数

カロナールの子供で使用する量や錠数は体重によって異なります。

それぞの薬剤ごとに確認していきます。

カロナール錠を子供に使用する場合の錠数

カロナールのうち、錠剤を子供に使用する場合の錠数です。

原則、体重1kgあたり、カロナールの成分であるアセトアミノフェンを、1回10〜15mgを使用します(カロナール錠200 くすりのしおり)。

例えば15kgであれば、10〜15mg × 15kg = 150〜225mg となり、1回の量として、カロナール錠200を1錠程度使用するのが適量となります。

体重ごとの目安となる1回の錠数は以下の通りです。

  10kg 20kg 30kg
アセトアミノフェンの量 100-150mg 200-300mg 300-450mg
カロナール錠200 0.5錠 1-1.5錠 1.5-2錠
カロナール錠300 1錠 1錠
カロナール錠500

上記量はあくまで目安であり、実際には医師の処方通りに使用する必要があります。

カロナール細粒を子供に使用する場合の量

続いて粉薬のカロナール細粒に関してです。

カロナール細粒は20%と50%の種類があり、濃度が異なるため、どちらの製剤を使っているかをよく確認する必要があります。

原則、体重1kgあたり、カロナールの成分であるアセトアミノフェンを、1回10〜15mgを使用します(カロナール細粒20%)。

例えば12kgであれば、10〜15mg × 12kg = 120〜180mg となります。

カロナール20%細粒であれば、0.6g〜0.9g、カロナール細粒50%であれば、0.24g〜0.36gを使用するのが適量となります。

カロナール細粒の体重ごとの目安となる1回の量は以下の通りです。

  10kg 20kg 30kg
アセトアミノフェンの量 100-150mg 200-300mg 300-450mg
カロナール細粒20% 0.5-0.75g 1-1.5g 1.5-2.25g
カロナール細粒50% 0.2-0.3g 0.4-0.6g 0.6-0.9g

カロナールを子供に使用するとき何時間あけるか

カロナールを子供に使用するとき、何時間あけるかという疑問についてですが、「くすりのしおり」などにおいて「4〜6時間以上」ということが決められています(カロナール錠200 くすりのしおり)。

この点に関しては、大人と同様の時間間隔となっており、前回の服用から最低4時間、可能であれば6時間程度空ければ、安全面ではまず問題になることはありません。

この点はカロナールの効果持続時間かも妥当な時間間隔であり、ちょうど効果が切れてくるのが、この程度の時間となります。

カロナールはどれくらいで効き始めて、どれくらい効果が続くか|空けるべき間隔は