リンデロンV・リンデロンVGは市販や通販で買えるか|代用できるものは

リンデロンV、リンデロンVGは塗り薬として非常によく使われる薬の一つです。

今回は、リンデロンV、リンデロンVGが市販や通販で買えるか、代用できる市販薬などについて確認していきます。

リンデロンV、リンデロンVGの特徴と成分

リンデロンVはベタメタゾン吉草酸エステルというステロイドの成分を含む外用剤(リンデロン-V軟膏0.12% くすりのしおり)、リンデロンVGはベタメタゾン吉草酸エステルと抗生物質のゲンタマイシン硫酸塩を含む外用剤です(リンデロン-VG軟膏0.12% くすりのしおり)。

リンデロンVは湿疹や皮膚炎など、リンデロンVGは細菌感染を伴うか、もしくはその恐れのある皮膚症状の場合に使われます。

リンデロンV、リンデロンVGに含まれるステロイドの強さは、3群の「strong」に分類され、1〜5群のうちの中間に分類されるステロイド成分です。適度な抗炎症効果の強さを持つ使いやすい成分であり、幅広い世代に処方される薬です。なお、リンデロンの中でも「リンデロンDP」は強さが異なるので注意してください。

また、リンデロンV、リンデロンVGには軟膏、クリーム、ローションの3種類があり用途によって使い分けます。

このようなリンデロンV、リンデロンVGですが、市販薬で全く同じ薬は販売されていないため、市販や通販で買うことは基本的にできません。

しかし、成分として含まれる「ベタメタゾン吉草酸エステル」は市販でも販売されている成分であり、市販薬として購入することができます。

リンデロンV、リンデロンVGの代用となるもの

前述の通り、リンデロンV、リンデロンVGに含まれるステロイドの成分「ベタメタゾン吉草酸エステル」は市販薬としても販売されています。

この成分を含む塗り薬が「ベトネベートクリームS」と「ベトネベートN軟膏AS」です。

ベトネベートクリームSは100g中にベタメタゾン吉草酸エステルの成分を0.12g含む塗り薬であり、この割合はリンデロンVと同じです。したがって、リンデロンVと同程度の効果が期待でき、リンデロンVの代用薬として向いています。

効能効果は以下の通りです。

ベトネベートクリームS 効能・効果

しっしん,皮膚炎,あせも,かぶれ,かゆみ,しもやけ,虫さされ,じんましん

ベトネベートクリームS 添付文書

 

ベトネベートN軟膏ASはベタメタゾン吉草酸エステルの他に、抗生物質として、フラジオマイシン硫酸塩を含みます。

リンデロンVGに含まれる抗生物質は、ゲンタマイシン硫酸塩であるため、抗生物質の成分は異なるものの、「ベタメタゾン吉草酸エステル」+「抗生物質」を含む塗り薬として、リンデロンVGの代用になりうるものです。

ベトネベートN軟膏ASの効能効果は以下の通りです。

ベトネベートN軟膏AS 効能・効果

化膿を伴う次の諸症:湿疹,皮膚炎,あせも,かぶれ,しもやけ,虫さされ,じんましん
化膿性皮膚疾患(とびひ,めんちょう,毛のう炎)

ベトネベートN軟膏AS 添付文書

 

薬剤師の立場から使用の注意点

前述の通り、リンデロンVとリンデロンVGにはステロイドの同じ成分を含むものが市販や通販で買うことができます。

しかし、処方薬と市販薬との大きな違いとして、医師の診察を受けているか否かという大きな違いがあることも理解しておきましょう。

市販薬を自己判断で使用する場合、自分が考えていた原因ではないケースも考えられ、その場合は使う薬が間違っている可能性もあるため、結果として症状がよくならないということも有り得ます。

今回紹介したベトネベートクリームSとベトネベートN軟膏ASについても、「5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。」という注意喚起があるため、自己判断で継続するのは5〜6日程度と考えておくのが安全でしょう。

ステロイドを含む塗り薬は効果が出やすい分、間違った使い方をすると思わぬ副作用がでるケースもあるため、しっかしと説明書を確認し、正しい使い方をすることが重要です。