【杉浦太陽がイメキャラ】痩せるホルモンのGLP-1ダイエットの考察

比較的新しいダイエット法であろうGLP-1ダイエットについて、杉浦太陽がイメージキャラクターを勤めている東京GLPクリニックを例に考察してみます。

GLP-1ダイエットとは

まずGLP-1についてですが、インスリンの分泌を促進する働きをもつホルモンの一つであり、glucagon-like peptide-1(グルカゴン様ペプチド-1)でGLP-1と略されます。

血糖値が高くなると、すい臓のβ細胞表面にくっついてインスリンを分泌させます。インスリンはブドウ糖を取り込んでエネルギー源とし、血糖値を下げる役割もあります。

インスリンの分泌を促進し、結果として血糖値を下げる効果を発揮するのがGLP-1です。

GLP-1は糖尿病の治療薬として使われている成分であり、製薬会社のサイトなどがGLP-1の作用をわかりやすくまとめています(ノボ ノルディスク 糖尿病サイト)。

GLP-1ダイエットはこのGLP-1の作用を利用したダイエット法です。

また上記のような作用からGLP-1が痩せるホルモンとも呼ばれているようです。

GLP-1ダイエットの考察|効果や副作用は

GLP-1ダイエットについて、その効果を考察してみたいと思います。

GLP-1自体は近年、処方薬としてもよく使われており、インスリン療法まではいかない人などで使われる傾向にあります。

血糖値や糖尿病の指標であるHbA1cを下げる効果が認められているため、使用している人は当然一定の効果が出ています。

これをダイエットとして使用するということですが、GLP-1の作用機序から考えるにおそらくある程度の効果は期待できるのかと思います。

ただし、万人に効果があるのかと言われると少し疑問ですね。糖尿病の予備軍のような人であれば良いとは思いますが、そもそも肥満と言い切れないような人がダイエット目的で使うのには適していない気もします。

副作用についても多少は注意が必要でしょう。

血糖値を下げる薬として使われているため、おそらく低血糖には注意が必要と予想できますし、代表的なGLP-1製剤のビクトーザやトルリシティでは、膵炎や腸閉塞も注意喚起されています(ビクトーザ くすりのしおり)(トルリシティ くすりのしおり)。その他、ビクトーザやトルリシティは非重篤な副作用として便秘、下痢、吐き気などの消化器症状は比較的頻度が高いですね(ビクトーザ 添付文書)(トルリシティ 添付文書)。

GLP-1製剤で副作用がそこまで大きな問題になるケースは実際には多くはありませんが、GLP-1ダイエットで使うGLP-1についても上記のような副作用が出る可能性はゼロではないと想定されます。

GLP-1は薬としても使われる成分なので、メリットとデメリットをきちんと考慮して、メリットの方が大きいと判断できた場合に使うべきでしょう。

この辺は、実際に使う場合には担当の医師と綿密に打ち合わせをするのが良いでしょう。

GLP-1ダイエットをやっている東京GLPクリニック

実際にGLP-1ダイエットをやっているクリニックの一つが東京GLPクリニックです。

遠隔診療も可能であるため、遠方の人でも対応できるようです。

個人的に好きな杉浦太陽さんがイメージキャラクターを務めていたので今回取り上げさせていただきました。

公式のウェブサイトを見てみると、前述したGLP-1製剤のトルリシティとビクトーザを比較して、ダイエットで使うGLP-1を紹介しています。

それをみると週一回の注射で摂取するとのこと。

費用についてはやはりそれなりにするようですね。まぁ正直これが高いのか安いのが相場はよくわかりませんが、他のGLP-1ダイエットをやっているクリニックも同程度のようですね。

医師がサポートするダイエットなのでやはりある程度は金額がかかるのは仕方ないですね。返金保証もあるみたいなので、成果に見合う金額と納得できれば払う価値はあるのではないでしょうか。

興味がある方は確認してみてください。

東京GLPクリニックのGLP-1ダイエットサイト→業界初オンライン診断可能【東京GLPクリニック】